KAYO CHANNEL
エンタメ・トレンド・子育てノート
トレンド

森会長の性差別発言に海外の反応は!?会見内容が酷い!顔色悪すぎて病気?

森会長の差別発言が国内だけでなく海外でも波紋をよんでいます。

総理大臣の時代から失言の多い森会長ですが、今回オリンピック・パラリンピック協議委員会に関しての差別発言は海外でも批判の嵐!

森会長は本日会見を開くことになっていますが何を語るのでしょうか!?

また最近では『顔色悪すぎ』と病気を心配される声も高まっていますね。

本日14時から開かれた森会長の酷い会見内容とともに、性差別発言のへの海外の反応、また顔色悪すぎで病気かと噂される真相を調査しました!

森会長の性差別発言とは?

問題となっている森会長の性差別発言とは、『女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる』という発言です

本来はもう少し長い発言でしたので、発言の全文を載せますね。(2/4ミヤネ屋でのフリップより)

女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる 女性は競争意識が強い 誰かが手を挙げると自分も言わないといけないと思うんでしょうね 女性を増やす場合は発言時間もある程度は規制しておかないとなかなか終わらないので困る 組織委にも女性はいるが みんなわきまえている 国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりですから お話も的を射たご発言をされて 非常に我々も役立っている』

これは日本オリンピック委員会(JOC)の評議会で、女性理事を増やす方針について森会長言った一言。

JOCの女性理事の割合は現在で20%。

それを40%まで上げることを目標にしようという議論の中での発言でした。

JOCは元より男女平等を掲げており、東京五輪に出場する選手の男女比は女性が48.7%を占める見込み。

男女陸上・競泳・柔道・卓球・バドミントンと、男女が一緒に戦う種目を増やす等、男女平等の実現に向けて取り組んでいたJOCのトップである森会長の発言だけに軽視できない発言となっています。

海外での反応は?

森会長の性差別発言について海外では各メディアで大きく報じられました。

海外での各紙の反応を紹介します。

アメリカの有力紙ニューヨーク・タイムズは「東京オリンピックの会長が会議での女性の制限を示唆」という見出しで「東京大会組織委員会の会長が会議で女性は話しすぎると示唆した

NHK NEWSWEBより引用

フランスのAFP通信は「東京2020の会長が会議で性差別発言との報道」との見出しで、日本のメディアの報道内容を紹介した上で、各国の男女の格差を示す世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数で去年、日本の順位が153か国中121位だったと指摘しています。

NHK NEWSWEBより引用

記事では発言に触れつつ性差別発言と非難されていることを紹介。また「平等は日本の極めて大きな問題」として、その他の国際指標で好成績を収めている日本において男女平等に関しては出遅れていることを指摘しています。

ハンブルガー・モーゲンポスト著 BAZZUP!より引用

各国で報じられた海外の反応をまとめました。

  • JOCトップ森会長が女性蔑視発言をした
  • 森会長は過去にも失言をしていた
  • 日本では森会長の辞任を求める声が上がっている
  • 日本では男女平等が進んでいない

オリンピックは世界中から人種・性別・宗教など様々なルーツを持った人々が集まる平和の祭典なわけですから、性差別だけではなくいかなる差別もあってはいけないですよね。

日本より差別への意識の高い海外の反応が大きいのは当然と言えそうです。

会見内容は?

森会長の会見内容は性差別発言を反省し謝罪し撤回するが、JOC名誉会長は続投すると発言しました。

森会長の会見をリアルタイム視聴していたので内容についてまとめました。

  • 女性蔑視発言については反省・謝罪・撤回する
  • JOC名誉会長は要求されれば辞任するが、責任を果たすため自分から辞任することはない
  • 発言は挨拶としての発言であり、組織委の評議内での発言ではない
  • 『女性が発言すると会議が長引く』という話を人から聞いていたことからの発言であった

見ていた感想としては、反省をして謝罪しているという印象は受けませんでした。

メモを読みながら謝罪の言葉を述べる、貴社にキレる等、開き直り会見のような酷い内容に言葉を失います。

記者から発言について何度も質問されると『反省したから撤回している』と撤回したからもう問題ないと考えているようにも感じました。

事実、各界に太いパイプを持つ森会長だから成し遂げまとめられた部分もあるのでしょうが、失言を繰り返し、ただでさえコロナの影響で国民の支持を得られてないオリンピックのムードをより盛り下げています。

森会長の発言はJOCのトップとして世界に発信されています。

世界の日本への印象にも大きく影響すると考えられますよね。

失言を繰り返す人物がトップで良いのだろうかと改めて考えさせられる会見でした。

顔色悪すぎて病気?

会見中も顔色悪すぎだった森会長ですが、病気なのでしょうか?

実は森会長は2015年肺がんのため肺の切除手術を受けており、現在も治療を続けていると考えられます。

また森会長は御年83歳

国民に望まれていないことは別にして、そのお歳でありなら今もなお衰えない情熱で東京オリンピック開催に向けて尽力しており多忙を極めています。

よって顔色悪すぎな理由はがんの手術で肺を切除した影響と、多忙を極めている影響と言えそうです。

身を粉にして働いているのだとしたら、何とも残念な気持ちになりますね。

まとめ

この記事では森会長の女性蔑視発言について海外からの反応森会長の会見内容のまとめ、また顔色悪すぎな件について調査しましたがいかがでしたか?

問題となっている森会長の発言とは、『女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる』という発言です。

この女性蔑視ともとれる発言に海外からの反応は厳しいものでした。

まとめると、JOCトップが女性蔑視発言をした森会長は過去にも失言をしている日本国内では辞任を求める声が上がっている日本では男女平等が進んでいないといったものでした。

批判をうけて都内では森会長の会見が行われましたが、森会長は『発言については反省し謝罪し撤回する』と発言したものの、辞任については否定し続投を表明。

会見内容からも心から反省し謝罪しているようには見えず、これで批判が収まることはないと考えられます。

また森会長の顔色悪すぎな理由は病気という噂について調査したところ、病気により手術したことと多忙なためということが分かりました。

森会長は2015年にがん治療のために肺の切除手術をしています。

また森会長は83歳と高齢にもかかわらず、東京オリンピック開催に向けて尽力し多忙を極めています。

身を粉にして働いていても失言は収まらず国民にはそっぽを向かれる83歳。

何とも残念な気持ちになりますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
カヨ
カヨです。 気になるトレンド・エンタメ調査します!