KAYO CHANNEL
エンタメ・トレンド・子育てノート
スポーツ

金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラ内容や足払い被害選手は誰?隠蔽の理由!

J1サガン鳥栖の金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラ騒動が報道されました。

パワハラの内容は足払いなどの暴力や暴言。

被害者はサガン鳥栖の選手やスタッフだとされています。

具体的なパワハラ内容や、どの選手が足払いの被害者なのかが気になります。

クラブ側はパワハラが常態化していることを把握しながら隠蔽していたようで、今回の告発に繋がったとみられています。

本来選手を守るべき立場のクラブが隠蔽した理由は?

この記事は『金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラ内容や足払い被害者は誰?隠蔽の理由!』と題してまとめました。

金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラ内容は?

金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラ内容は暴言・暴行だとされています。

報道された具体的なパワハラ内容を以下にまとめました。

金明輝(キムミョンヒ)監督パワハラ内容

  • 手を押さえた状態で足を払い転倒させる
  • 殴る、突き飛ばすの暴行
  • 人格を否定する暴言

酷いパワハラ内容ですね。

現在はハラスメント対策に力を入れる企業も多いので、一般企業なら即大きな処分に発展しそうです。

監督は選手を指揮する立場の職業ですが、実際にプレーするのは選手たちです。

監督と選手の間に信頼関係は不可欠。

しかしこのようなパワハラが常態化した環境では監督と選手、監督とスタッフの信頼関係は築けないのではないでしょうか。

足払いだけでも酷い内容ですが、それ以上に酷い内容もあったのではないかとの報道も出ています。

続報が入り次第更新していきます。

足払い被害選手は誰?

金明輝(キムミョンヒ)監督からのパワハラ被害者は選手とスタッフと報道されています。

特に足払いで転倒させられたのは選手であることが確定。

しかし具体的に誰か(どの選手か)ということについては報道されていません。

足払いだけでなく、金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラは常態化していたということなので、選手・スタッフの間では有名な話だったのではないでしょうか。

その場合は実際に足払いや暴行・暴言を受けた選手やスタッフだけではなく、他の選手・スタッフも被害者といえます。

今回の報道はクラブ側がパワハラに対してしっかりとし対処をしなかったために、パワハラ調査を求める告発文書が日本サッカー協会に提出されたという経緯があります。

本来選手を守るべきクラブが然るべき対処をしなかった理由は何でしょうか?

クラブが隠蔽した理由は?

クラブ側が隠蔽した理由について調査したところ、以下の2つの理由が考えられることがわかりました。

  1. 監督を交代できる資金がない
  2. リーグ戦の順位

まず1つ目の資金についてです。

仮に金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラに対して最も厳しい処分を下すとすると、解雇ということになりますよね。

解雇となると新しい監督が必要となります。

新しい監督を探すためには巨額の資金が必要ですしシーズン途中に監督を探すのは特に大変です。

そこで2つめの理由、『リーグ戦の順位』とクラブ側は天秤にかけたのではないでしょうか。

サガン鳥栖の現在の順位は5位。

シーズンがほぼ半分残っていることを考えると優勝争いに食い込む可能性も十分にあります。

クラブ側は金明輝(キムミョンヒ)監督に対して『指導方法に問題はあるが結果を出している』という評価だったのではないでしょうか。

そのためパワハラに対して3試合の指揮停止処分を下すも、監督続投を希望したのではないかと予想されます。

クラブ側は『金監督は既に不利益処分を受けたため、追加の措置は不要』としています。

クラブ側はもっと選手の声を聞く必要があったのではないでしょうか。

まとめ

この記事は『金明輝(キムミョンヒ)監督のパワハラ内容や足払い被害選手は誰?クラブが隠蔽した理由は?』と題してまとめました。

選手がベストなパフォーマンスを発揮するためにも、応援するファンのためにも早期の問題解決が望まれますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
カヨ
カヨ
カヨです。 気になるトレンド・エンタメ調査します!